サイト内検索
新ホログラムセットTOPへ


ホログラム紙に印刷する場合、白印刷を施さなければ下地の色が透けて見えるので、カラー印刷された部分が用紙のホログラム感を反映して、様々な色彩のホログラム効果が得られます。色が濃い程ホログラムの輝きは薄れますがホログラムの柄は消えませんので、ホログラムを完全に消したい場合は下地に白印刷を施して下さい。キャラクターなど色味が変わって困るような絵柄部分の下地には白ベタ(K100%)を引いて下さい。


 




白印刷は絵柄を透けさせない為のみに使うのではなく、白印刷のみで表現することもとても効果的です。ホログラム紙の上に白印刷のタイトルとして使用したり、背景を白印刷にしてホログラム感を出したい部分のみ白印刷を施さないようにするなど使い方はアイデア次第です。グレースケール(0%〜100%)での印刷が可能ですので、白印刷濃度50%を下地に引くことで控えめなホログラム感を表現したり、白のグラデーションを下地に使用することで少しづつホログラム感がでるような表現方法なども可能です。白印刷をメインにしたデザイン等も面白いかもしれません。
※但し、 白印刷は濃度の差がわかりづらいインクとなりますので注意が必要です。微妙な濃度の差により絵柄を表現することには適していません。濃度差10%以下だと違いがわかりづらくなります。



 




下地に白印刷を全面に施し、ホログラム箔押し加工のような効果を出したい部分のみ、白印刷を施さないことにより、その部分のみホログラム箔押し加工を施したようになります。表紙全体にホログラム箔押し加工を施したい場合などはこの方法が安価に同じような効果を得ることが可能です。さらに、下地に白印刷を施さずに、ピンクやブルー等の色を印刷することにより、色が付いたホログラム箔押し加工(ドットネオンピンク箔やドットネオンブルー箔のようになります)のようにすることも可能です。


 




実際に印刷した時にどのような仕上がりになるか気になると思います。
簡易的ですが、画面上で確認する方法をご紹介致します。
以下はホログラム系用紙でどのような仕上がりになるかを確認する方法です。


 




新ホログラムセットTOPへ